アーサーの購入をご検討ならココ~!アメリカジェインがセールに関係なしの安さ |

私と私の母が大好きな本です。字の多い厚い本ですが、随所に素敵な絵があり、3歳の子でも、読み聞かせできました。内容は鮮明に覚えているけど実際手元に届いて、とても長い物語だと改めて実感しました。

こ、これですっ♪

2017年06月21日 ランキング上位商品↑

ジェイン アメリカ アーサージェインのもうふ アメリカのどうわ (世界のカラーどうわ) [ アーサー・アッシャー・ミラー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

1歳の娘にはちょっと難しい絵本ですが!そのうちお気に入りの1冊になりそうです。心の成長を考えさせられるとても良い作品だと思います。幼稚園の頃、大好きだった絵本です。欧米では赤ちゃんを早くから一人で寝かせるので、毛布に愛着を示す子が多いと聞いています。ホントかな?実家のを持って出てきてしまったままだったので!母へのクリスマスプレゼントに購入。4歳の娘へ!4歳の時自分が母に読んでもらっていた本です。赤ちゃんから少女へと成長する過程が愛おしくも、ちょっと切なくもある、優しく温かい本です。自分が小さいときに大好きだった本を、子供用に購入しました。そして!「もーもー」の最後は!!ジェインは!!お子様とお母様と二人で読んで頂きたい(読みたい)一冊です。似た様な「安心もうふ」を持つ我が子は興味を示し、一人で熟読して居りました。ジェインの愛する「もーもー」から成長過程で変化する「もーもー」の存在が、手に取るように共感出来ました。本当にすごくいい本です。子どもからのリクエストで購入しました。読み聞かせる前に独りでささっと読んでしまってました。娘に読み聞かせをするには少し長いけれど同じ年代の少女の物語に興味を持って、色々と質問してきたり少女の気持ちになって考えてみたりするようになってきました。主人公のジェインと同じように、娘にもお気に入りの毛布があり、いつもそれを手放しません。私が子どもの頃に繰り返し読んだ1冊を小学1年生になった娘へプレゼントしました。ラフスケッチのような挿絵があるだけで!白黒の地味な本ですが温かい気持ちになる本です。似たような状況なので、どんな反応するか楽しみにしてました。絵本っぽいかと思いきや、低学年向けの児童書。主人公のジェーンはピンクの毛布が大好きで!赤ちゃんの頃からボロボロになるまで使っていましたが!とうとう最後は切れっぱしになってしまいます。読み聞かせすると引き込まれるように聞き入っていました。そして・・・私はこの本、引越しの時、捨てられてしまって、学校の図書館などで探しましたが無くて・・・結婚し、娘が生まれ、「もう一度読みたい」という一心で、ネット見つけました。子供の頃はボロボロになってしまった毛布を見て!悲しくて泣いたのですが!大人になった今は!ジェーンの成長に涙します。いつかジェインのように毛布と素敵なお別れができるといいのですが。絵も素敵です。。ピンクの毛布に執着し続けるジェーンのように、私もこの本に執着し続けていたのかも・・・。とてもいい絵本ですね。日本でも!早くに一人寝した子や!兄弟が他にいてお母さんが独り占めできなかった子などに!毛布ちゃん現象が起こりやすいそうです。うちの子たちもジェイン同様、赤ちゃん毛布が手放せないので、このお話がとても気に入ったようです。